成長できる場所を与えてくれる会社、
一つひとつ、壁を越えていくのが楽しい!

荒木悠那 HARUNA ARAKI
営業部 | 2018年入社
荒木悠那

主な仕事内容

お客様や設計士、電気業者と打ち合わせをし、図面を変更したり、追加部品を発注したりしながら製品を仕上げて納品します。ひと言でいえば「お客様と製造現場の橋渡し役」です。

入社のきっかけ

合同説明会で森社長の経営ビジョンに共感。「もったいない!をカタチに」というコンセプトにも興味を持って、工場を見学し、エコセパレを見て感動。自分もここで働きたいと思いました。

ゴミを資源に変える技術に感動!
この会社で働きたいと決心しました。

短大でライフデザインを学び、環境保護活動やリサイクルに関心を持ちました。就活が始まり、合同説明会で当社のブースを見学。森社長の「捨てればゴミ、機械に入れれば資源に変わる。小さな企業でも環境に貢献したい」という話に惹かれ、会社を訪問しました。

工場では、タイヤ屑や電線が機械の中に入ると瞬時に分離・破砕され、金属や樹脂として再生されるという光景を目の当たりにし、まるで魔法を見ているような感動を覚えました。「すごい!私もここで社会の役に立つ仕事をしたい」と思い、入社を決めました。

araki02.jpg

できることが少しずつ増えていく、
毎日があっという間です。

お客様から受注があると、自社の分離・破砕機「エコセパレ」を元にしたサイズ変更や仕様変更、機能追加などが発生します。私の役割は、そうした変更やオプション追加に対応し、製造現場と話し合いながら製品を完成させていくことです。

今、進行中なのは、関西の家電リサイクルメーカーに納品する機械。材質の検討や動線の変更など、細かい仕様変更で1年以上かかっています。

最初は社長や工場長にサポートしてもらっていましたが、今年からは私一人で出張に行っています。まだ2年目の私にこんな大きな仕事を任せてくれる...。成長できる環境を与えてくれるこの会社に感謝しています。

こんな人が向いています!

壁を越えたらまた壁が表れます。
困難や失敗を“考えるチャンス”と捉えて前に進める人なら、すごく楽しい職場だと思いますよ!

荒木悠那
荒木悠那
荒木悠那
荒木悠那
荒木悠那

SCHEDULE
ある1日のスケジュール

7:50 朝礼
8:00 メールチェック
お客様からの電話対応
10:00 社長と打ち合わせ
お客様へのアプローチ内容を共有
12:00 昼食
13:00 設計士と打ち合わせ
打ち合わせ資料の準備
17:15 退社

OFF TIME
休日の過ごし方

最近は仕事に関するビジネス書を読んでいます。
学生時代の友人と金沢で合流してランチすることも…。

PEOPLE人を知る

PAGETOP