独自の技術で循環型社会をサポート。
リサイクルの進展に貢献したい。

金城靖範 YASUNORI KANESHIRO
生産部 | 2019年入社
金城靖範

主な仕事内容

お客様からのオーダーに基づいて自社規格品をカスタマイズしたり、部品を作り変えたりして製品を仕上げます。お客様の工場で機械のセットアップやメンテナンスもしています。設計者と打ち合わせをしながら機械の改良策を考えることもあります。

入社のきっかけ

長年、工作機械メーカーで生産管理をしていました。もう少し労働条件の良い職場に転職したいと思うようになり、当社の求人を見つけました。
職場を見学し、これまでの知識と経験を生かせる職場だと感じ、福利厚生も良かったので転職を決めました。

みんなで知恵を絞り、苦心しながらのモノづくり
だから辛いことも嬉しいことも人数分の1。

前職ではクライアントとの打ち合わせから材料調達、加工・組立、納品まで一人でこなしていました。
でも今はスタッフ全員で仕事のやり方を考え、シェアしながら進める体制。「こうした方がいい」、「あっちを先にやってみようか」と意見を出し合いながら進めます。

私が長年思っていたエンジニア像は、一人で黙々と働くイメージでしたが、ここに来て考え方が変わりました。
いいモノづくりは、知恵を出し合い、汗を出し合ってやり遂げるものだと...。一人では成し得ない、チームワークの楽しさを実感しています。

kaneshiro02.jpg

繁忙期以外は、定時に帰宅できる毎日、
家族とリサイクルの話をすることも...。

最近は環境問題に関する報道も多く、人々の関心も高まっていると思いますが、実際にリサイクルの現場を知る人は少ないのではないでしょうか。ゴミが収集された後、誰が、何をしているのか、何が問題なのか...。

私はこの仕事に就いたおかげで、以前よりリサイクルや環境について意識するようになりました。転職して帰宅が早くなったおかげで家族とゆっくり対話する時間も増え、リサイクルの話をする機会も増えました。

今後も循環型社会の実現に向け、微力ながら自分の技術を生かしていきたいと思っています。

こんな人が向いています!

多品種少量生産ですので、毎回違う仕事と向き合うことになります。
常に考え、対話し、最善策を見出していく…。
そんな前向きな気持ちをもった人が向いていると思います。

金城靖範
金城靖範
金城靖範
金城靖範
金城靖範

SCHEDULE
ある1日のスケジュール

7:40 出社、今日の段取りを確認
7:50 朝礼
8:00 部品の制作
機械の追加工
12:00 昼食
13:00 取引先でプレス機の修理
戻って報告書を作成
17:15 退社

OFF TIME
休日の過ごし方

妻と一緒にショッピングセンターやアウトレットモールへ。
そのほかでは、時々クルマいじりをしています。

PEOPLE人を知る

PAGETOP